水素は人間の身体を動かすエネルギー

人間の体には約60兆個の細胞があります。
その細胞にある数百から数千の「ミトコンドリア」は、水素を原料として人間の体を
動かすエネルギー(ATP)を作り続けています。

水素は必要不可欠な抗酸化物質

水素は、増えすぎてしまった悪玉活性酸素を無害化させると言われています。
これは、水素の活性度が高く、他の元素との結合力がとても高い物質のため、悪玉活性
酸素と強く反応しやすい性質を持っているためです。

水素は人間の体内でも作られている

水素は野菜などから摂取できますが、人間の大腸には水素を作る菌がいて、1日に多い
時で10Lも作られ体内で水として存在しています。
これは、水素が人間の活動に不可欠である証ですね。

水素は加齢とともに減少している

体内で作られる水素も、他の栄養素と同様に加齢などにより減少していきます。すると身体の酸化を早めてしまうことになります。
ライフスタイルに合わせ、効率的に水素を補わなければなりません。